2018年11月27日

合宿参加御礼

知人の紹介にて今回合宿に参加させていただきました。
吉川先生とは師範である法政大学や、かつて私が所属していた東海大学を
含めた7大学合同稽古でもご指導いただいたこともありました。今回は一
体どのような稽古をなさるか、緊張よりも興味が多くありました。
そしていざ実際にご指導いただいた結果、最も興味をひかれたのは、技よ
りもその前の準備運動という名の「体の使い方」でした。今までやったこ
とのない動きも色々あり、実に「不思議な」動きでした。
しかしながら、後日いろいろ思い返したり、道場の皆と話すうち、過去に
指導を受けた様々な先生の言葉や動き・指導の仕方について、大いに理解
が深まるきっかけになりました。
「あれはこういう意味であったのだな」「あの先生の指導は、つまり合宿
でやったあの動きにつながる点がある」「この感覚を練習するにはあれが
いい」といった今までばらばらになっていた指導の意味を、本合宿をもっ
て繋がりが深まったと感じております。
今回は、技よりも体の使い方について学ばせて頂いたと感じております。
自分の考えをより深めるため、もしまた誘いをいただければ皆様とご一緒
に合宿に参加させて頂きたいと存じます。
改めて、吉川先生に合宿に参加させて頂いたお礼をもちまして、感想文と
させてください。本当にありがとうございました。
                   (JFE千葉合気道部 清野)
posted by 八千代合気道友会 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185080190
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック