2018年01月29日

合宿に参加して

29年の合宿に初めて参加させていただいた。
日頃、吉川師範の体捌きに魅了されていただけに、浮き浮きした気持ちで
参加した。
準備運動、これは吉川師範考案に依るものなのか、自分が知っている数か
所の道場とは違った要素が組み込まれていた。普段は殆ど意識されること
が無い部位の筋肉柔軟から四股に至るまで、流れるように行われて、全く
新鮮に感じた。
準備運動に続いて、稽古は足捌き(足の運び方)から始まった。 自分は
数か所の道場で稽古させて頂いているが、足運びのイロハを納得できる解
説付きで教わったのは今回が初めてである。 これも合宿だからこそ教え
て頂けるものだと感じた。 普段、気にも留めずに行っていた、正面打ち
一教の足捌き(足の運び方)についても、改めて見直すことが出来た。
道場稽古では、互いに馴れあいになって、所謂、武道とは懸け離れて、相
手がシナリオどおりに倒れて協力してくれていることを半分忘れかけてい
た自分に気付かされた思いがした。
続いて自分が苦手とする入り身・転換。 正しい入り身・転換をすれば、
既に相手を捉えて中心を崩しており、自分が歩を進めれば、相手は接した
手を放せないままに、一緒についてくる・・・・。 また、四方投げから
始まって、技の成り立ちと剣の理合いの確認・・・・。 剣の振りかぶり
(の程度)についての解説も勉強になった。
一日目の合宿を通して学んだことは、吉川師範は口には出されなかった
が、”奇をてらうことなく、基本を身に着けることの大切さ”に改めて気付
かせて頂いたことであった。
二日目は、先約のために参加できなかったが、帰路、同行したS君と今日
一日の稽古を振り返って会話が弾み、来年も参加させて頂こうと意気投合
して、アッという間に千葉に着いた。
来年は、ほかの仲間にも早めに声掛けをしたいと思っている。
(花見川道場所属 福島義宣)
posted by 八千代合気道友会 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ