2016年01月02日

平成27年度 岩井合宿の報告

 ≪11月28日(土)〜29日(日)に行った合宿の報告です≫
 2日間好天に恵まれたものの、11月も末ともなるとさすがに寒さが感じられたが、充実した稽古で熱気溢れる合宿となった。冒頭の吉川師範の訓話のとおり、誰も怪我なく無事終了したことが何よりであった。
 初日午前中は、正座、跪座、胡坐、蹲踞、割座、結跏趺坐、等々武道を志す者として認識しておくべき座法の確認を行った。次に座った時、立った時の(木)刀の扱い方、振り方。入り身と転換。歩み足、継ぎ足、送り足などの運足。何れも合気道の基本的な動作を学んだ。午後からは、武道の要素である@礼 A目付け B間合い C呼吸 D崩し E残身(残心)これに加えて「虚をつく」ことが重要であることから、崩しを重視した普段道場ではあまり行わない技を中心に、3時間通しての稽古であった。(崩しを容易にするためには指先の方向が大切となる)
 二日目は、座技、半身半立ちの技、杖、短刀、太刀に対する体捌き等を通して合気道の理に適った技の成り立ちなどを分かりやすく説明して頂いた。
 夕食後の懇親会では、親交のある3道場からの参加者を含めて合宿でしか味わえない楽しい語らいで、アルコールも入り酔うほどに気が付けば深夜でした。また、いつかは実現したいとの思いで、更に多くの時間を集中して稽古に当てられる2泊3日の合宿の提案があった。
 来年の合宿のは、平成28年4月23日(土)、24日(日)で予約しました。年が明けると4月はすぐですので、皆さん予定をしていただき、是非来年も参加してください。

                                 八千代合気道友会 渡辺

           
posted by 八千代合気道友会 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ